ムダ毛ケア 家庭脱毛 比較 

ムダ毛ケアの悩みが解消する脱毛方法

ムダ毛ケアの悩みが解消する家庭用脱毛器

 

肌を露出する季節になってきますと、女性の悩みの種はムダ毛の処理ですね。

 

最近では男性でも、男性専用の脱毛サロンなどもできまして、ムダ毛のお手入れをしたいと思っている方がとても増えたようです。

 

少し前までは、毛むくじゃらの胸毛や腕の毛が男性らしいと、もてはやされた時代もありましたが、今や男性も中性化してムダ毛の男性はもてなくなってしまったようです。

 

ここでは、家庭で自己処理によって、お手軽に誰にも知られず簡単にムダ毛が処理できる方法を考えてみたいと思います。

 

ムダ毛の処理には様々な方法があります。

 

 

 

でも、大きく分けてみますと、

 

1・自己処理によるムダ毛処理

 

2・脱毛サロンや医療脱毛によるムダ毛処理

 

の二つに分けられます。

 

自己処理によるムダ毛処理と脱毛サロンや医療脱毛によるムダ毛処理についての、メリットデメリットやコストパフォーマンスなどを考えて、あなたのライフ生活に合わせた脱毛方法を選んでください。

 

 

自己脱毛による脱毛方法

 

ムダ毛を自己処理している人の中には、「面倒くさい」「自己処理によって、傷や肌が荒れてしまっていて気になる」こんな悩みを抱えている人が多いと思います。

 

自分でムダ毛を処理する、自己処理にはいくつもの方法があります。

 

カミソリ(ヴィーナスなど)、毛抜き、電気シェーバー(ソイエなど)、脱毛クリーム、脱毛ワックス、家庭用脱毛器など豊富ですね。中でも、カミソリ、毛抜き、電気シェーバーは、利用者も多いと思われます。

 

 

これらを使った自己処理は、手軽に簡単に誰もが始められる処理方法ですが、その一方、「肌への悪影響」というデメリットは避けられません。

 

自己脱毛のメリット

 

1・脱毛に通う時間がないときでも、空いた時間に自分のペースで脱毛を進められることと、自分で出力を自由に調整して、痛みの少ない脱毛ができる

 

 

2・最近は家庭用の光脱毛器械も家電販売店などで販売されており、価格は2万円台ぐらいからになっていますが、サロンで行う脱毛ほどの効果が期待できるかはわかりません。

 

 

3・業務用脱毛マシンや医療レーザーと同じ仕組みにより、自宅で気軽に本格脱毛ができること。家族や友人と脱毛器を一緒に使えてコスパが高い。

 

 

4・アンダーヘアや脇毛など恥ずかしい部分を、誰にも見られずに脱毛できる脱毛する部分が多いほど、コスパが良い(全身脱毛するなら6回分相当で5〜6万円)

 

 

5・家庭用脱毛機のメリットは色々とありますが、やはり自宅で好きな時間に好きなだけ脱毛処理を行えるというのが最も大きなメリットでしょう。

 

 

6・コスト面からみても、脱毛サロンよりもはるかにコストパフォーマンスが良いという点も大きな利点だと言えるでしょう。脱毛サロンも最近は施術費用がかなりお安くなっていますが、家庭用脱毛器はそれ以上に低コストでサロンと同じような脱毛効果が期待できます。

 

 

 

自己脱毛のデメリット

 

1・自己処理の場合、カミソリや毛抜き、電気シェーバー、ワックス脱毛などの方法がありますが、時間がかかるし面倒ですよね。自分では処理が難しい場所もありますので、剃り残しがあったりムラになっていたりすることもあります。

 

2・カミソリを使用すると、ムダ毛の処理と同時に刃で肌の表面の角質層を傷つけてしまうことになり、乾燥や炎症など肌荒れを起こす原因となってしまいます。

 

3・自己処理で肌トラブルが起きてしまい、それを治すために薬を買ったり保湿アイテムを揃えたりすれば余計にお金がかかってくると言えます。

 

4・自己処理は思っている以上に肌に負担をかけていて、脱毛は思っている以上に肌に優しいのだという事は是非とも覚えておくようにしましょう。

 

5・自己処理でもムダ毛はある程度処理できますが、処理をしてもしてもすぐに毛が濃く生えてくるのを見ると気が滅入りますしコンプレックスまでは解消されません。

 

6・カミソリや毛抜きでの処理後に多く見られるトラブルです。毛の再生サイクルより皮膚の再生サイクルが早いため毛穴がふさがってしまい、毛が皮膚の下で再生してしまう状態です。自分でとろうとして炎症を起こすことを繰り返すと、痕が残ってしまうこともあります。

 

 

 

脱毛サロンや医療レーザー脱毛方法

 

 

脱毛サロンや医療脱毛のメリット

 

1・一般的に光を使用する脱毛サロンやエステでのお手入れは、皮膚の中に埋まっている部分のみに作用するため、肌細胞へのダメージが少なく、安全に脱毛を行うことが出来ます。

 

 

2・脱毛することにより肌のトーンが明るく見えるようになるというメリットもあります。日本人はうぶ毛もほんのり黒いため肌がくすんでしまうのですが、脱毛することによりパッと明るく見えるようになるのです。

 

 

3・総合的にみて、自己処理での度重なる手間とリスクを考えると、脱毛サロンでの脱毛はコストパフォーマンスにも優れているといえるでしょう。

 

 

4・脱毛をエステや医療機関で検討中の方は、やはりムダ毛の自己処理のわずらわしさからの解放が1番のメリットとなります。また、自信を持って薄着になれることもメリットのひとつです。

 

 

5・エステや医療機関で脱毛をおこなうと、脱毛のプロによって脱毛をおこなってもらえるので確実な脱毛ができます。自己処理では、確認しづらいV・Iゾーンや背中などもしっかりと脱毛が可能です。

 

 

6・ムダ毛処理の時間が減ればそれだけ他の事に時間を有効活用できますし、朝の準備なども楽になる事は間違いありません。そういった点で、脱毛は自己処理よりもおすすめできると言えます。

 

 

 

脱毛サロンや医療脱毛のデメリット

 

1・エステや医療機関で脱毛をおこなうデメリットは、やはり費用がかかる点です。また、施術の為には店舗やクリニックに予約して訪問する必要があります。

 

 

2・個人の毛の量や質によって施術効果や必要となる施術回数に違いが出てきます。その為、他の人と比べて料金が多く必要になる方や施術の効果があまりあらわれない方もいます。また、肌トラブルが決して起こらないとは言い切れない点もしっかりと把握しておきましょう。

 

 

3・脱毛サロンごとに多少の差はあるものの、例えば全身脱毛であれば1ヶ月から3ヶ月に1度のペースで2年から3年程度かけて行っていくのが一般的です。

 

 

4・全身脱毛の料金は、工夫をすれば1回10,000円〜15,000円まで下げることができます。少しでも安さを重視したい人は、全身脱毛の料金を比較しながらサロンを選びましょう。

 

 

5・人気のサロンだと、予約が取りづらい可能性がある長期間通い続けるのが負担になりやすいサロンによっては勧誘やセールスがしつこい場合がある。

 

 

6・全身脱毛の料金がやや高額(全身脱毛6回の相場は10万〜20万)エステティシャンの一部にはマナーが悪い人もいる

 

 

 

自己処理で起こるトラブルは自己責任

 

自己処理の方法や危険性などの知識もなくて、脱毛や脱色などをした場合は、いろいろな肌のトラブルが起こる場合がありますので、注意しなければなりません。

 

 

薬品が合わないことによって、肌の色が黒くなったり、茶色になったりして色が取れなくなってしまう、いつも肌がガサガサして乾燥している、毛穴が広がって元に戻らないために黒ずみがひどくなった、毛穴の内部が変形してしまって更なるトラブルの原因になっている、というような自己処理による肌や毛穴へのダメージは、いろいろありますので、肌トラブルを避けるために、自己処理には特に気を付けなければいけません。

 

自己処理で起こるいろいろなトラブル

自己処理方法で、大切なのは、その取扱い方法や特徴をよく知って、やり方を間違えないことですね。そして、アフターケアをしっかりやって、乾燥や処理したところから雑菌が侵入したりしないようにすることも大切です。

 

 

間違った処理方法は、どんどん肌を汚くしてしまいます。開いて黒ずんだ毛穴や、茶色く色素沈着してしまった肌は、すぐには元には戻りません。簡単に考えて処理をいい加減にしておきますと、取り返しの付かない場合もあります。

 

 

自己処理トラブル

 

■肌の黒ずみ

 

■色素沈着

 

■肌荒れや乾燥

 

■熱処理によるやけど

 

■埋没毛

 

■毛嚢炎

 

 

■肌の黒ずみ
間違った自己処理によって、処理した後が黒くなってブツブツ見えたり、毛穴が開いてその中に、外部からの刺激や不純物が入り込んで黒くなってしまうなどトラブル

 

 

■色素沈着
肌は、外部からの刺激を受けたり、強い何らかの刺激を受けると、肌を守るために通常の生産量より多くのメラニンを作り始めます。その必要のないメラニンが、皮膚の中に沈着して肌が茶色になったり、黒ずんだりすることがあります。

 

 

■肌荒れや乾燥
肌は、普段はとても薄い角質層などによって外部からの刺激を排除するようにできています。
しかし、剃刀でムダ毛を剃ったり、薬剤などで毛を溶かしたり、脱色したりして、肌の表面を傷つけたりしますと、肌うを守る機能が衰えて、水分が蒸発したり、炎症を起こしたりして、乾燥状態になります。

 

 

■熱処理によるやけど
熱処理による脱毛の場合は、当然、毛を焼き切るわけですから、ヒーターなどの熱源を使用しますが、その取扱い方法を誤ると、肌がやけどを起こしてしまいます。

 

 

■カミソリ・毛抜きで埋没毛
埋没毛というものは、毛が皮膚の外に出ず、皮膚の内側や毛穴の中で伸びるために、皮膚が黒く見えたりすることですが、そのままにしておけば、毛の寿命が来れば自然と体外に排出されますが、その間は見た目は良くないですね。

 

 

■毛穴が傷ついて毛嚢炎を起こす
毛穴の部分を傷つけるような脱毛方法をしますと、その傷ついたところから内部に細菌が入り込んで、化膿したり炎症を起こしたりします。この傷跡が残った跡に、ニキビのようなものができて、それが治っても跡が残ってしまいます。

 

 

埋没毛について

 

埋没毛は、毛を剃ったり抜いたりした時に何らかの原因で毛穴がふさがってしまい、皮膚の中で毛が発毛してしまうことをいいます。

 

 

毛を剃ったり抜いたりした時に何らかの原因で毛穴が塞がってしまい、皮膚の中で毛が発毛してしまうことをいいます。毛穴を傷つけるような無理な脱毛をしたことにより埋没毛になってしまう方が多いです。

 

 

おもに、毛抜きなどで毛を抜くときに毛根から抜けず途中で切れてしまった場合や、毛根から抜き取ったが、毛穴が塞がった後に毛が再生した場合に毛がそのまま皮膚の中で成長してしまうことが多いそうです。

 

 

また毛穴周辺の皮膚が炎症を起こし、その回復とともに毛穴がふさがってしまい、中の毛が皮膚の表面に出てこれなくなってしまうことなどがあります。

 

 

埋没毛は毛の発育が止まるまで放っておくと、ほとんどの場合は自然に分解され排泄されるようですが、異物反応による炎症を起こしてしまうケースもあるようです。

 

 

炎症を起こした場合は、自分で治療するよりも、皮膚科で診察してもらうようにしたほうがいいみたいですね。

 

 

毛膿炎(もうのうえん)について

 

毛膿炎とは、脱毛処理をした際などに、毛穴から細菌が入り込んで毛根の周囲に赤み・腫れ・化膿などの炎症を起こすことをいいます。

 

 

毛膿炎になる原因は不潔な環境でのムダ毛の脱毛処理により傷ついた皮膚に細菌が侵入したり、無理に毛抜きで毛を引き抜くと毛穴を広げそこから細菌が入り炎症を起こしてしまいます。

 

 

 

毛膿炎になってしまったら、赤みや腫れ、痛みがある場合は、きちんと医師に診てもらい適切な処置をしてもらう必要があるそうです。それを怠ると患部が広がったり傷跡が残ることもあるそうですので十分な注意が必要です。

 

 

ムダ毛処理を間違えて肌が黒ずみブツブツなるトラブル

 

顔の毛穴や手の黒ずみは気になりますが、足の毛穴は意外と気づきにくいので見過ごしてしまいます。せっかくムダ毛のお手入れをしても、毛穴がブツブツとしていたら、キレイな足というわけにはいきませんね。

 

 

手ざわりもザラザラなんてことになったら外出もできませんよね。でも毛抜きで抜くのは大変だし、毛穴にもよくないし、エステにでも行かない限りツルツル足は手に入らないのでしょうか?

 

 

そんなことはありません。顔の毛穴のお手入れがあるように、足の毛穴だってケア次第ではキレイになれます。諦めずに、足の毛穴をキレイにしてさらなる美脚を目指しましょう。

 

 

足のボツボツはムダ毛処理によって炎症を起こしていることが大きな原因です。無理に引き抜いたり、市販のムダ毛処理で何度も処理をしていると、毛穴が炎症を起こしてしまうのです。

 

 

その結果、赤くなったり、ボツボツになってしまうのです。足をツルツルにするには、正しいムダ毛処理が必要です。

 

 

足のムダ毛を毛抜きで抜いてしまう場合は、毛抜きで毛を引き抜いてしまえば、ムダ毛もキレイになるし毛穴も黒くならないと思っていませんか?

 

 

実は毛を抜くという処理方法が一番毛穴を傷めてしまうのですよ。なぜなら、皮膚の一部を無理に引き抜くことだからです。無理やりひき抜くということは、肌が傷つこうということです。

 

 

普段の生活で、怪我をした場合にそのままにしておきますと、傷口が化膿したり、跡が残ってしまいますね。毛を無理やり抜くということは、これと同じことなんですね。

 

 

毛を抜いた後、出血することがありませんか?それは生きている毛を無理に引き抜いている証拠なんですね。さらにそこから菌が入ってトラブルを起こすこともあるのです。

 

 

ですから、ムダ毛処理の場合は、抜くということは絶対にしないほうがいいでしょう。

 

 

自己処理の中で安全な方法は、毛抜きや脱毛テープなどで抜くよりはカミソリなどで剃った方が、肌への負担は少なくてすみます。ただし、カミソリで剃るには注意があります。

 

 

まずはカミソリの選び方です。カミソリで剃ったあと、ヒリヒリするものは避けましょう。剃っても肌がかゆくなったり、痛みがないものを選ぶこともだいじです。

 

 

また、逆剃りはいけません。お肌を傷めることになりので、ヒザからくるぶしに向かって剃るようにしましょう。

 

 

そのほかには、肌に優しい脱毛方法として、毛抜きや脱毛テープで毛を抜くよりは、除毛クリームなどによる除毛の方が肌に対する負担は軽いです。ムダ毛の剃り残しなどの心配もありません。

 

 

ただし、肌の弱い人は注意しましょう。肌にかゆみが出たり、かぶれたりすることもありますので、パッチテストを行ってから使いましょう。

 

 

また、意外と知られていないのが、ムダ毛処理後のことなんですが、

 

 

ムダ毛処理を行った後は、必ずお肌のケアを。それをしないと、炎症がしずまらず毛穴のブツブツにつながってしまいます。除毛が終わったら、炎症をしずめるために冷たいタオルなどで冷やします。

 

 

そしてクリームなどを塗って肌を乾燥させないようにしましょう。また、毛穴を引き締める化粧品を使うのもいいでしょう。

 

 

また、ムダ毛処理の前は菌を少しでも毛穴に新入させるのを防ぐため、きれいに洗ってから行いましょう。石けんなどで清潔にすることで、肌表面の菌を減らすことができます。

 

 

それから、自分の体調が悪い場合は、処理をした部分の傷も治りにくいし、菌による化膿もしやすくなります。生理前、風邪気味のとき、疲れているときや睡眠不足などのときは除毛はしないようにしましょう。

 

 

脱毛で起こる硬毛化と多毛化のトラブル

 

硬毛化とは、レーザーや光脱毛を行った部位の毛が、脱毛を行う前より毛が太くなる現象です。主に産毛が黒くしっかりとした毛になったり、殆ど何も生えてない様に見えた所から毛が生えだします。

 

多毛化とは、レーザーや光脱毛を行った部位の毛が、脱毛を行う前よりも増える、もしくは増えた様に感じる現象です。毛穴の数は一定ですので、ずっと毛が増え続ける訳ではありません。産毛が硬毛化して目立つようになったから、多毛化したと感じる人もいます。

 

 

毛を薄くしたいのに!あるいは脱毛したと思っていたのに、なぜ硬毛化してしまうのか?

 

 

その原因として考えられるのは、毛の再生組織が破壊し切れなかった場合に、熱刺激により毛の成長が促進され太く長い毛となることが推測されるといわれています。

 

 

退行期、休止期の毛の成長が促進されたことも可能性としてかんがえられます。

 

 

脱毛レーザーを当てることにより、逆に毛根周囲組織の活動が活発化してしまうことで増毛化・硬毛化が起きるという見解が現在のところ一般的な原因と考えられています。

 

 

しかし、増毛化・硬毛化の原因は、いまだ完全に解明されていません。

 

 

残念ながら、増毛化・硬毛化の原因は未だ解明されていません。通常、脱毛に使用するレーザーは、体毛のメラニン色素に反応した際に熱に変換され、毛根と毛根周囲の毛包を破壊することで、脱毛効果を生み出しているですが、脱毛レーザーを当てることにより刺激された毛根周囲組織の活動が破壊されず、逆に活発化してしまった際に増毛化・硬毛化が起きるという見解が現在のところ一般的です。

 

 

増毛化・硬毛化については、上にも述べた通り未だ解明されていない点が多く、リゼクリニックで行う医療レーザーに限らず、他のクリニックで行う医療レーザー脱毛やエステサロンでの光脱毛、さらには家庭用脱毛器での脱毛でも起こり得る可能性があります。

 

 

光線を使用し毛根細胞を刺激するあらゆる脱毛法において、増毛化・硬毛化は起こり得るのです。

 

 

増毛化・硬毛化が発症しやすい部位とは?

 

 

増毛化・硬毛化の可能性が特に高い部位として、うなじ・背中・二の腕・肩付近などの桃の皮のように、毛が細く薄い部位での報告が最も多くあげられております。

 

 

しかし、それ以外の部位なら可能性がないとは断言できません。上にもあげたとおり、未だ原因が解明されていないため、増毛化・硬毛化のリスクをゼロにするのは非常に困難なのです。

 

 

とは言っても、うなじ・背中・二の腕・肩などはご自身で手入れがしにくいこともあり、とても人気の部位です。

 

 

 

 

無駄毛はなぜ生えるのか

 

よく人間の体で不要なものはないといいますね。

 

 

でも体毛って、髪の毛以外はほとんどいらないと思われますね。

 

 

いらないものは処理したほうがいいという理由と美容上の理由で一生懸命処理手間かけて処理するんだと思います。

 

 

なぜ無駄毛は生えるんでしょう。「無駄」と思われている毛、すね毛、わき毛などの役割はどんな役割があるのでしょうか。

 

 

今の私たちの“文化”から見ますと、体毛は不要とされるだけで、動物として本質的に毛は大切なものなんですね。

 

 

一見何の役にも立っていないように見える体毛も、人間が進化する過程の中では、第一にカラダを怪我から守り、暑さ寒さから守るためになくてはならないものでした。

 

 

今でも寒いときに「鳥肌」が立つのは、毛を立たせてその間に暖かい空気をたくさん入れておく=自前のダウンコートとして使うための働きです。

 

 

人間が進化の過程で“いらない”からここまで退化させたけれど、全く痕跡まで無くなってしまうというのはまれで、例えばシッポだって表には出ないけれど「尾骨」として残してありますね。また、体の中の虫垂(盲腸などともいわれます)なども、虫垂炎などの病気を起こすだけで、何の役にも立たないような気がしますね。

 

 

では、なぜ生活に必要でなくなったものが、今でも残っているのかということになりますが、もし、将来的に再び必要になったときにゼロから手に入れるのは大変だから、とっかかりを残しているのだろうというような説もありますが、まだ、人間の進化の途中なのかもしれませんね。

 

 

今の科学では目的がわからないものやこういう退化した痕跡だろうというものをまとめて「不要なもの」という学者もいますが、いろいろな理由はありますが、人間の体の中で「不要なものはない」と信じています。

 

 

さて、本題の「毛」ですが、基本的に「大切なものを守る」という役割があります。

 

 

髪の毛は頭を守ると同時に、雨が降ってきたときに流れ落ちやすくするために比較的まっすぐな毛が生えています。
眉毛も流れが横向きになっていて、雨が目に入らないようになっています。

 

 

おもしろいのは、是非、あなたの腕を見ていただきたいのですが、イヌなどの四つ足の動物の毛が手先の方に向かって生えているのに対し、サルの毛は横ないし上(肩方向)向きに生えていまね。

 

 

生活の場を木の上にしたサルは手でぶら下がりますから、毛を下向きにすると雨がたまってしまうのですね。すごい進化です。

 

 

まつげや鼻毛はホコリっぽい空気のフィルターの役割があります。こういう毛はまっすぐで硬いですね。ゴミをはじき飛ばします。

 

 

そして、“ムダ毛”の代表格のように思われているのが脇毛と陰毛なんですが、実はこれも人間の体調管理に大きな役目をもっているんですよ。

 

 

脇毛と陰毛は髪の毛のようにまっすぐではなくて、これらは縮れていますよね、これは、汗などをかきやすい部分の体温調整のために空間をたっぷり持っています。

 

 

よく、全身脱毛した人が、最近汗をかきやすくなったような気がする、ということがありますが、それは汗の量は同じでも、今まで体毛によって蒸発が促進されていたものが、なくなって蒸発しにくくなっているからです。

 

 

動物は、仲間とメッセージをやりとりするのに「ニオイ」をよく使います。
このニオイはアポクリン汗腺などともいわれていますが、この陰毛や脇毛などの毛が生えているところに密集しています。

 

 

空間に、自分の名刺としてニオイを溜めておくのです。一口で「毛」というけれど、全部それぞれにいちばん合ったカタチに進化しているわけです。

 

 

このようにして、考えてみますと、私たちの体に生えている体毛は、本当は必要なものかもしてませんね。

 

 

でも、特に女性の場合、美容上の目的から、いろんな理由を付けて“動物くささ”からの脱却という方法で、脱毛を強制的にしているのが現状なんですね。

 

また、女性だけではなくて、最近では男性たちも競って脱毛ブームとなっていますが、それがいいのか悪いのかは個人の価値観ですからな何とも言えませんが、男性には、ほかにやらなければならないことが、たくさんあるのではないでしょうか。

 

 

だから、私たちは可笑しいほど必死になって“ムダ毛”と戦っていますが、こうした文化を持たない人々はまったくそうしたところには力を入れませんですね。

 

 

 

ムダ毛=体毛がある理由

 

本当にあなたのからだに生えている毛は無駄なものなのでしょうか。

 

 

もし本当に無駄なものであれば、人間が進化していく過程の中でなくなっているはずなのですが、なぜ残っているのでしょうか。

 

体毛の役割

 

@ 皮膚の保護をする役目

 

皮膚の保護機能として一つは、物理的な接触から皮膚を保護するということがいえます。
外から肌への刺激を和らげる、クッションのような役割をしています。そのため、髪の毛や性器といった大切な場所には多く毛が生えています。

 

A 触覚機能の役目

 

"直接、頭に触れられなくても髪に触れられただけで、分かりますよね?"

 

 

"毛を作り出す毛包組織には,神経の末端が接触しているため,毛に伝わった振動は接触刺激として脳に伝えられます。特に,頬髭(ほほひげ)では,神経も発達しており空間認識にとても重要です。狭い隙間を通ったり,暗闇を行動する時の空間情報の多くをこの頬髭毛のセンサーから得ていると考えられます。"

 

 

B 体温の維持の役目

 

"人間の体には『ホメオスタシス』といって、内部環境を一定の状態に保とうとするシステムがあります。

 

 

体温の維持もその一つで体毛はそもそも、この体温の維持に欠かせないものであり、もとはそれが体毛の第一の役割でした。"

 

実はこのほかにもいろんな機能があったんです!"体内に取り込まれた毒素は、体中から生えている“毛”によって、体外へ排出されているのです"

 

 

私たち現代人の体の中には知らず知らずのうちにいろいろな毒素や有害物質が溜まっています。"肉を多く取りすぎると、体の中で「過酸化脂質」等という毒素が作られるようになります。

 

 

それらの毒素を、体は、体の外へ排出しようとします。その時、体は皮膚や体毛からこの毒素を出すようになるのです。"

 

 

最終的に抜け落ちて体から完全に切り離される毛は、毒素を体内から追い出すのにうってつけの役割をするのです。

 

 

日ごろなにげなく見送っている抜け毛には、じつは有害な毒素が閉じ込められているのだというのには驚きですよね。

 

 

ちょっと前、ドラッグ容疑で逮捕された某タレントに頭髪検査が実施されたのは記憶に新しいが、まさにこうした原理に基づいているというわけですね。"

 

 

でも、良く考えてみれば、特にその機能がなくなったといって健康障害を引き起こすわけではありませんので、どうしてもなければいけないというものでもないようですね。

 

 

"どれも大事な機能ですが、服を着る現代人にとってはあまり意味のないものかも知れませんね。

 

 

 

ムダ毛が濃くなってしまう生活習慣

 

気のせいだと思いたいけれど、最近、ムダ毛が濃くなって来ているような気がしてきた、なんてことありませんか?

 

 

実は、ムダ毛が濃くなる原因は、日常生活に潜んでいるようです。

 

 

"体毛が濃くなる。なんて現象、体に起こったことありませんか?

 

 

体毛が濃くなるきっかけってあるの?

 

 

■ ムダ毛が増えたような気がするとか、毛が濃くなった気がする

 

■ 顔そり・ムダ毛処理・ホルモンバランスの崩れで毛が濃くなる?

 

■ 最近体毛が濃くなって、心どころか身体まで男性化してきたような気がする

 

■ 実は、ムダ毛が濃くなる原因は、日常生活に潜んでいるみたいのようです。

 

@ カミソリや毛抜きなど、肌に過度なダメージを与えててムダ毛が濃くなる場合。

 

毛は肌を外敵から守るための器官です。何度も何度も繰り返し肌を傷つけていると、毛が外敵から肌を守ろうと、濃くなる可能性があります。ムダ毛の処理は、2週間に1度程度がベストなんですね!

 

 

Aホルモンバランスの乱れ、崩れによって

 

過剰なストレスは、自律神経を狂わせますが、自律神経のバランスが崩れると、ホルモンバランスも崩れて来ます。男性ホルモンの分泌量が増えると、体毛は濃くなるそうです。

 

 

女性は一生のうちホルモンバランスが変化する時期があります。その度に体毛が濃くなったり薄くなったりすることがあります。

 

 

ダイエットによる栄養不足、運動不足、寝不足、または夜型の生活なども濃くなる理由になりますが、思春期、妊娠期、更年期もホルモンバランスが崩れるので、体毛が濃くなるようです。

 

 

B ストレスでムダ毛が濃くなる場合。

 

季節ごとの気温差がストレスになってることもあるし、悲惨な事件もストレスが原因になっていることもあります。現代人に多い睡眠不足も慢性的なストレス要因となる場合があります。

 

 

また、過剰なストレスを感じると自律神経が乱れます。そして、自律神経のバランスが崩れると、ホルモンバランスが崩れてしまいます。こうして、男性ホルモンが増えることによって、体毛が濃くなる場合もあるようですね。

 

 

C 食べ物でムダ毛が濃くなる場合。

 

 

男性ホルモンが増えるとされる牛肉や豚肉の赤身、牡蠣、長ネグ、ニンニク、ニラなどは体毛を濃くする働きをします。

 

 

女性ホルモンが減るとされるブロッコリー、カリフラワー、キャベツなどがあります。

 

 

動物性たんぱく質の牛肉や豚肉の赤身には、豊富な動物性たんぱく質と亜鉛が含まれており、テストステロンの生成を促します。

 

 

長ねぎやニンニク、ニラに含まれるアリシンには、体内のテストステロンの働きを強める効果があります。

 

 

このように体毛が濃くなる原因はいろいろありますが、ムダ毛を濃くしないようにするには、ストレス解消のほかに、クリーンな生活スタイル、もちろん、体に優しい食生活も含めて見直して、食事バランスしっかりと考えて摂取することが重要になります。

 

 

また、タバコには、酵素の動きを低下させる成分が多く含まれているため、女性ホルモンが出来にくくなってしまうことがありますので、悪い影響があるとされています。

 

 

家庭用脱毛器の利用が進んでいるのはなぜ?

 

 

最近の家庭用脱毛器は、性能もとてもよくなり、効果もエステで行う脱毛と変わらないようになりました。

 

でも、価格も結構しますので慎重に選んで購入しないと、後で後悔します。

 

 

家庭用脱毛器は、脱毛器の価格、脱毛方式、脱毛範囲、脱毛時の痛み、脱毛期間など評価するには、様々な要素がありますから、一口にどの脱毛器が一番いいという結論は出ませんが、コストを重視される方は価格面を参考にして、また早く脱毛したい方は、一度に広範囲に脱毛出来てエネルギーが強いものが適していると思います。

 

 

以下に主なメーカーの自己脱毛器の価格・特徴・痛み・効果・メリット・デメリット・口コミなどを網羅しておきますので、それぞれの脱毛の目的に合わせた自己脱毛方法を選ばれるといいかと思います。

 

家庭用脱毛器の詳細については ⇒こちら  家庭用脱毛器人気ランキング

 

運営者情報
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。